ホルモンバランスが乱れてしまうと黒ずみの原因になる?

poki

顔のシミ、乳首の黒ずみ、デリケートゾーン、脇の黒ずみなどと女性ホルモンのバランスが関係しているってみなさんご存知でしょうか?顔のシミ(くすみ)などは紫外線によってできてしまう可能性がありますが、紫外線を浴びにくい部位の黒ずみになっている=女性ホルモンのバランスが関係しています。

黒ずみと関係している女性ホルモンはプロゲステロン

女性ホルモンは、エストロゲン、プロゲステロンの二種類のホルモンがあります。エストロゲンは、卵巣と関係しているホルモン、妊娠に大事なホルモン、女性の排卵を助ける役割のあるホルモンです。美には欠かせない女性ホルモンです。

プロゲステロンは、妊娠を助けるためには必須な女性ホルモンです。乳腺を発達させたり、血糖値を清浄にする役割がありますが、増えてしまうと、眠くなったり、イライラしたりすることもあるホルモンです。

黒ずみと関係しているホルモンば、エストロゲンではなく、プロゲステロンになります。なぜ、プロゲステロンが増えると、黒ずみの原因になってしまうのかというと、プロゲステロンは、メラニンの活動を活発にする働きがあるからと言われております。

妊娠中に肌の黒ずみが増えるというのは、女性ホルモンバランスが乱れ、プロゲステロンの分泌量が多くなってしまうからです。黒ずみ対策は、黒ずみケアクリームなどの製品を使うことも大事ですが、女性ホルモンのバランスを整える事も大事です。

女性ホルモンを整えるためにしたいこと

1.ストレスを溜めない

ストレスは、女性ホルモンのバランスの大敵です。ストレスが溜まる→女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。ストレスがたまると、自律神経が乱れてしまうと同時に女性ホルモンのバランスも乱れてしまいますので、ストレスはためてはいけません。

2.血行をよくする

血行が悪くなってしまうと、子宮&卵巣は働くめに大事な栄養素が行き渡りにくくなります。そして、血行が悪いと冷えの原因になりますので、悪循環になってしまいます。毎日半身浴をしたり、手足を冷やさない、骨盤を冷やさないなどをして、血行をよくする習慣を身に着けていきましょう。

3.大豆イソフラボンをしっかり摂る

女性ホルモンと似ている働きがあると言われている、大豆イソフラボン。女性ホルモンのために、豆乳をたっぷり飲んでいるって方もたくさんいるのではないでしょうか?大豆製品をしっかり摂る事で、女性ホルモンのバランスが整うと言われておりますので、大豆製品は積極的にたっぷり摂っていくようにしましょう。

乳首の黒ずみなどはホスピピュアなどを使いながら女性ホルモンを整える

乳首の黒ずみなどの黒ずみは、黒ずみケアのクリームなどだけでもケアをすることは十分可能ですが、女性ホルモンのバランスが乱れてしまっていると、ケアできたとしても、再びできてしまう、または全然ケアできないこともあります。

外側からの黒ずみケア、内側からの黒ずみケアが大事になってきますので、片方だけのケアに偏らずに黒ずみケアをしていくようにしてくださいね。